FC2ブログ


NSR250のレストアをされているH様からのご依頼で
シートレールのリペイント作業を開始します


年経によるサビ・塗装の浮きが見られますので
サンドブラストによる旧塗膜完全剥離~アンダーコート~塗装となります

完成まで今しばらくお待ちください





スポンサーサイト






スタジオ入りしました


マットブラックをベースにレッド・フレイムスの予定



あらまぁ…
“素敵な”リアフェンダーだこと…
ラッカー♪ラッカー♪
缶スプレー塗装ですわね~

ペインターを困らす“憎いヤツ”です。。

少しでも取り残しがあると後々お肌荒れの原因になりますよ…
“微塵も”残してはなりません。。
綺麗なお化粧の前には、お肌のケアをしっかりと、です。

先ずはキレイサッパリお化粧落としから始めましょうかねっ






短い北海道の夏、遊びシーズン真っ盛りですが…
相も変わらず
スプレーガン&マスキングテープと“お友達”になっております。。。



hiro様から、ジェットスキー・ペイントのご依頼をいただきました

船艇を入れ替える度に塗装のご依頼をいただいております
毎度ありがとうございます♪


前回はF1マクラーレンTEAMのカラーリングで
かなりレーシーにキメましたが

今回は………



前回のペイントの際
2つあった希望デザインの
辞めたもう一方の“案”で今回デザインする事に決定です


またまたF1つながりではありますが

全く違ったイメージで
“COOL”
に仕上げようと思います♪♪


シーズン真っ最中ですので
約一週間以内で完成させなければなりません……


フゥ~・・・ですが…

ガンバります!!






Y様からご依頼いただきました
V-MAXのペイントに取りかかろうと思います


かなり“キメ”られた車両で格好良し!です

カスタム費用もかなりのモノとお見受け致しました


お客様のご要望で
今までのブラック系からブルー系へとガラリとイメージチェンジの予定ですが


塗装だけが“主張”し過ぎないよう

パーツとの“調和”を考えながら大人っぽく…

“派手渋く”

キメたいと思っております



乞う御期待









S&Fショップ様から

H-D
マフラーヒートガード
スーパートラップ・サイレンサー
エンジンガード
等々
メッキパーツのブラックアウトのご依頼です


新品ピカピカのクロームパーツたちですが…

惜しげもなく
サンドブラストにより“足付け”完了


耐熱塗装のため通常のアンダーコートは塗布出来ません
足付けの“目”が仕上がりの良し悪しに影響してしまいます

よって、サンドブラストもムラが出来ぬよう細心の注意を払って作業を進めております


エンジンガードは艶ありの黒との事ですので
足付け~アンダーコート~ウレタン塗装~赤外線ヒーターでの強制乾燥になります


耐熱部は足付け処理後、塗装~乾燥~高温焼き付け(180℃)
で完了です


クロームも良いですが
それとは一味違ってグッと引き締ったスタイルで仕上がるのではないでしょうか


ご依頼ありがとうございました
今後ともよろしくお願い致します









“’51 FL PANHEAD”プロジェクト


最近話題に取り上げてませんでしたが

着々と進んでおります


外装はベースまで進んでいるので一旦ストップです


先にリジットフレームと小物パーツ等の塗装に取りかかります


フレームはサフまで完了
イグニッションコイルまでペイントするのですが……

<DYNA-COIL>

~ダイナコイル~

~ダイナ……

~ダイナ…マイト……!?


・・・!?



乞う御期待★

BOMB!!!










北海道を代表するバイク雑誌
“バイクマンR”
に掲載する車両の撮影会が
本日、某河川敷で行われているとの事でしたので
少しばかり顔出しております


朝から快晴で、これ以上ない撮影日和ですね~

いつもお世話になっている“NORTH BROS”様“FAT BOB”様など勢揃いです

私が手掛けた“作品”たちも
普段、なかなかこの様なシチュエーションで撮影できる機会がありませんので

バシ!バシ!

撮らせて頂きました


写真は後日UPしたいと思います


とりあえず現場からでした~











翌日を迎えての帰宅が続いております…


沢山のHOTなPAINTゆえ
ついつい“没頭”してしまい
なかなかブログ更新できませんが…

そのうち順にUPしていきたいと思います


とりあえず今日は終了です












前に取り上げたFXRですが

ラッカー塗装されたRフェンダーの旧塗膜の剥離から始めます


一応サフらしき下地もみえますが
非常にモロい塗装のようで
軽く炙るとプクプクと塗装が浮いてきます

スクレパーで削り落とした方が早そうです

良くも悪くも、さすが“ラッカー”です

案の定、塗装の下にサビもでております
きっちり治さなければなりません



最終的にサンドブラストで旧塗膜剥離~足付け完了です













板金~パテ面出し~サフ~足付け…

と進んでいきます


ベース色はマットブラック(艶消し黒)
タンクのみレッドフレイムス(ホワイト縁取り)
の定番色です



作業進めます